リフォーム現地調査後の見積金額と提案の間取り【4社目】


リフォームのために4つの業者に現地調査してもらいました。

その結果を一社ずつご報告していきます!

前回のD社(D社の記事)に続き、今回はE社です。

初めから読まれる方はこちら ⇒ 住みながらリノベーション始めます

スポンサーリンク

リフォーム業者を決めるまで

今回は黄色のステータス!

ご報告していきます。

4社目 E社の提案

会社の特徴

E社はいわゆる地元の工務店の雰囲気。

でもオリジナル案もあるし小回りが利くかな?と期待して選びました。

E社の担当者

男性の担当者です。

担当の方もなんでも営業から現場監督までなんでもやってきましたという雰囲気の方でした。

ただ、どうもやる気が感じられない。。。

ホームプロを見てるといろいろやります!とあるけど、

そんな提案も会話もなく。。。

この仕事を取るつもりがない雰囲気を感じます。

正直提案の前をいただく前に、ここはないなと思いました。

やっぱりリフォームするときに一緒に考えてくれる担当者かどうかって重要だと思うので。

ただ、現地調査はもちろんやっていただいたので、

その結果はご報告します。

E社案の提案点数

残念ながら間取り図の提案がありませんでした。

見積書だけだったので、

他社のように我々の要望がどうなるのか全く評価できませんでした。

E社のリフォーム提案と見積額

正直提案はなかったというレベル。

これでE社を選ぶ人はいないと思うので、

先方も選んでもらうつもりがないんだと思います。

E社の見積額

最後に見積額の確認です。

金額は我々が希望した金額でした。

ただ、中身が見えないので金額も評価できないですね。。。

E社の総合評価

E社の印象は残念としかいいようがありません。

正直やる気がないなら現地調査に来る前に断ってくれたC社のほうが好感が持てます。

(まぁC社もお断わり連絡ぐらいは欲しいですけど。。。)

やる気のある仕事だったときのE社の対応はわかりませんが、

我が家のリフォームの依頼先候補からは外れました。

5社見積もり依頼した結果

ここまで5社見積もり依頼しましたが、

結果は微妙です。

結局最後まで残ったのはA社とD社のわずか2社。

そしてどちらも予算オーバーだったり何か求めるものと一致してない雰囲気があったりと決定打がありません。。。

ああやっぱりリフォームって難しい。。。

リフォームやめちゃう?と思うぐらい(笑)

でも今回はやると決めたので、

2社の見積もりと提案ともう少し向き合うことにします。

またご報告します!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アレックス より:

    初めまして、アレックスです。
    この記事は興味があって、かなり前から拝見させて頂いていますが、難しいですねえ。
    自分でもリフォームしていますが、節約していてもどうしても予算はオーバーします。
    板材なんかは思ったより安くないですし、良いものほど高いですね。
    ですから、予算オーバーでも仕方がないと思わないと難しいと思います。
    と言うのも、予算オーバーした場合の金額が実は適正金額と言う事もあり得るんじゃないかなあと思いました。
    自分でリフォームしてて、いつも、そう思います。